目の疲れと生活習慣に関係がある?

目の疲れと生活習慣に関係がある?

目の疲労は、生活習慣とも関係があります。そのため、もしも目の疲労によって肩こりや頭痛に悩まされている方がいたら、生活習慣の改善を心がけてみてください。

 

不規則な生活をすれば、目には疲労が溜まり、また身体にも悪影響をお呼びします。栄養を充分に摂取し、また入浴や音楽を聴くなどの工夫で心身をリラックスさせてあげることが大切です。

 

また、ストレスを溜めこむと瞬きする回数が少なくなり、目が乾きやすくなってしまうそうです。そう言う点から見ても、リラックスして苛立たないようにすることも大切になってきます。

 

さらに、リラックスをすれば良質な睡眠をとることができます。睡眠用音楽を流したり、自律神経法などでリラックスするのも良いのではないでしょうか。飲酒や喫煙も、やはり目の疲労に繋がりますし、身体にも問題をきたす場合があります。特に、タバコの煙がドライアイの人の目に入ると涙が分泌されますが、それもまたひとつ負担となってしまうのです。

 

アルコールですと、喉の渇きを感じやすくなります。また、目の乾きにも影響があるのです。喫煙と飲酒の両方を控えるべきとまではいきませんが、過剰摂取をしてしまわないよう気を付けてください。続いてですが、ダイエットをし過ぎることもホルモンバランスの崩れに繋がり、ドライアイを悪化させてしまうようです。

 

ダイエットをする際には無理をしないようにしましょう。紫外線対策をすることも、目の疲労を予防する上では大切になります。紫外線が多い日などは、サングラスをかけたり帽子を被るなどして、目に負担をかけないように心掛けましょう。